Campeenaサイトリニューアル♪

ダッチオーブンよりも手軽でオススメ!〜スキレット〜

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


今日は、今話題のスキレット鍋の御紹介です。

これは、ニトリの6inchスキレット鍋(通称ニトスキ)
お値段はなんと、税込で514円です。
このお鍋の何がそんなに良いのかというと、
このお鍋(というかフライパンみたいですが💦)はダッチオーブンと同じ鋳鉄製なので、
しっかりとした厚みがあり、熱が均一に入りやすいんです。
ですので、ハンバーグなどの肉を焼く時に、真ん中が焼けにくくなると思うのですが、
このお鍋の場合は、均一に火が入っていきますので、肉汁が逃げないうちにフワッと焼き上がります✨
しかも、保温性が高く冷めにくいので、最後まで温かい状態で食べられますよ。
ガスでもIHでも使用できて、オーブンにも入れられて、炭火でも使えちゃう✨
家でもアウトドアでも活躍できるお鍋ですし…
2枚のニトスキを蓋のように重ねれば、先日御紹介したローストビーフだってできますよ♪
先月、半ば勢いで家族の人数分(5枚)購入して、そのままにしてあったニトスキですが、
昨晩せっせとシーズニング(錆止め落とし作業)をしまして、
今日は焼きカレーでカフェ風ランチにしてみました✨
レトルトのカレーと残りご飯で作る、焼きカレー。
材料費、約130円/人で作れます。
サラダとお茶をセットにして鍋ごと食卓に出すだけで、あら不思議✨
立派なカフェご飯じゃないですか(笑)
オーブンは使わずに、魚焼きグリルで焼いてみました♪
ダッチオーブンは、10inchのものでも約6kgあり運ぶのが大変ですが、
ニトスキは約680gですので、家族4人分でも2.7kgと約半分の重さです。
洗うのも料理するのも簡単で、気軽に小洒落た感じのメニューを作りたい時にはオススメですよ‼️
その他の簡単オススメメニューはこちらから!
**********************************************
ちなみに、鋳鉄製のお鍋につきもののシーズニング作業。
ニトリの通販サイトでは、
「洗剤でよく洗ってサビ止めを落とした後、少量の油を入れて弱火で5分加熱してください。」
となっています。
が、私はこれだけだと、なんだかまだ鉄臭さを感じる気がしてダメでした。
で、色々な方のサイトを勉強させていただき、こんな方法でシーズニングし直しました。
  ①お湯と洗剤で、とにかく錆止めを落とす。
  ②さっと拭いてから、全体を空焼き。(しっかり焼くと、色がグレーっぽく変化します)
 
 ③触れるぐらいに冷めたら、オリーブオイルを塗る。(裏も表も取っ手にも)
  ④再び全体に加熱し焼きを入れる。
   (油を塗ってあるので煙が出ますが、ある程度焼くと煙が止まりますので、そこまでは焼いてください。)
  ⑤上記の③と④の作業を繰り返すこと4回で完了!
   (この後クズ野菜を炒めて、鉄分を完全に取り除くと更に良いみたいですが、私はできませんでした。)
ここまでやると、匂いを嗅いでみてもさすがに鉄くさい感じもありませんし、
手塩にかけて焼きを入れたスキレットで食べるご飯は、それだけで格別です(笑)
シーズニング作業は大変ですが、1度やってしまえば終わりですし…
使い始めれば、シーズニングの大変さなんて、あっという間に忘れてしまうので、(私だけ?)
そのオシャレ感と、汎用性の高さにメロメロです(笑)
次は何を作ろうかな〜💕
ダッチオーブンのシーズニングよりも手軽にやれるニトスキ、オススメですよ✨✨

コメント