冬の虫さがし

 [冬のキャンプの良さ]に「虫がいないこと」がありますよね。夜トイレに集まる虫がいない、刺す虫がいない、ゴミに集まるアリがいない。Yも私も虫は大丈夫ですが、蛾や蚊がいないのは嬉しいです。

 でもでも、冬だって虫はいるんですよねー!こちらが積極的になれば(^_-)
 
 12月3日の朝日新聞の『続・元気のひけつ 子どもと外遊び』に12月から1月にかけて落ち葉の乾燥が進み、秋よりもカサカサ、フワフワした感触が楽しめる、とありました。そういえば、あのフワフワの上歩くだけで、何だかルンルン気分になるなぁ~。子どもたちは、その状況にダンゴムシなんてプラスしたら大喜びしませんか?落ち葉の下を掘ると、ミミズやダンゴムシがたくさんいますよー。
 ダンゴムシじゃ物足りない!?でしたら、この絵本をぜひ読んでみてください。

ふゆのむしとり!?
  作 はたこうしろう・奥山英治
  絵 はたこうしろう
㈱ほるぷ出版
カブトムシの幼虫や暖かくなるのを待っているクワガタの成虫なんて見つけちゃったら、大興奮ですよねー(*>∀<*)
 冬の外遊び!!熱中症の心配もいらないし、ドングリ・霜柱・氷・隠れている虫探し♪発見がいっぱいで楽しいですね♪キャンプなら星も!!
 今週末は大田区平和島公園で焚き火イベントです。どんな発見があるかなー!?

コメント