Campeenaサイトリニューアル♪

焚き火でおせんべいを焼こう〜4/18-19森のまきばオート〜

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


キャンプ2日目のおやつタイム。
子どもたちは、大きめマシュマロと格闘中です。
この串は、先があまり尖っていないタイプの平らなステンレス串なので、
持ち手部分も暑くならないし、まだ1歳の次男にも持たせることができます。
ただし、歩きながら食べたりすることは、絶対にNG!!


今回は、甘いものが得意でない子もいたので、
その子には、おせんべい屋さんをやってもらうことにしました✨
餅しゃぶの元(市販の餅が薄くスライスされたもの)を
キャンプ前に2日ほど干しておき、キャンプに持参。
あとは、弱めの炭火で炙って、砂糖醤油につけるだけで完成です✨

photo by 107

予想よりも、とっても美味しかった🎶
ただ、お醤油はお皿に入れてつけるのではなく、刷毛を用意したほうが良さそうです。

もちろん、市販の角餅を、自力で薄くスライスしても作れます。
干したお餅が、カラカラ音がするくらいに水分が飛んだら、
お煎餅として焼くことができます。

通常、自宅では、干し終わったお餅を油で揚げるみたいですね。
しょうゆ味だけでなく、いろんなパターンが楽しめると思いますよ。




コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    コメント失礼いたします。
    キャンプWEBマガジン「CAMP HACK」編集部の松田と申します。
    この度、現在作成している『キャンプで"せんべえ"のススメ』という特集記事に、貴ブログ「キャンプしたいママ、応援します」さまの画像を転載させていただきたく、ご連絡させていただきました。
    画像ですが、お子様が囲炉裏テーブルを囲って座っている画像を使用させていただければと思っております。
    https://campeena.exblog.jp/23029950/
    明記の方法は、画像下に「出典:キャンプしたいママ、応援します」を入れ、URLリンクを貼る方法です。
    もし転載がOKでしたらお返事いただければ幸いです。お返事ない場合は、転載不可として捉え無断使用はいたしません。
    それでは、お返事お待ちしております。
    matsuda@spacekey.co.jp