Campeenaサイトリニューアル♪

雨キャンプの楽しみ方 vol.1〜雨撤収の必需品〜

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今年の夏は、とにかく雨が多いですね。

東京は8月は毎日雨。
「せっかく何ヶ月も前に予約した夏休みキャンプも、
あいにくの雨でがっかり…。」
と、いう方も多かったのではないでしょうか。
我が家の7月の水上キャンプ
「湯島オートキャンプ場」も、やはり3日間ずっと降ったり止んだり。
空はいつも雲で覆われていました。


幸い、撤収(片付け)の時間帯には雨が止んでいたのですが、
もちろんテントはビショビショ。
寝室部分の下に敷くグラウンドシートも、ビッショビショ。

こんな時役立つのは、
LOGOSの防水マルチシートと45L以上のビニール袋。

我が家では、
まず奥の部分(2列目シートの直ぐ後ろ)に濡れていない物を積み込みます。
(椅子やテ−ブル、棚などは足を拭いてからこのエリアに積み込み。)

そして、このマルチシートを濡れて欲しくないものに被せ、
汚れものたちから守ります。

夏場はクーラーボックスにコストコバックをINして使っているので、
帰りはそれを抜き取ってしまい、
クーラーボックスにも汚れものを入れます。

汚れ度合いごとにビニール袋に詰め込んで、そのまま積み込み。
ポールは泥汚れでなければ、そのまま袋に入れ、
帰宅後に干して、軽く拭き直します。
(テントも帰宅後に干すか、乾燥サービスに出します。)
シートの端にカラビナや紐などを取り付けて椅子に引っ掛けたり、
行商のおばあちゃんのように、テントを丸ごとお弁当包みして、
そのまま車に積み込んでしまうことも可能。

あまりに便利なので、雨の多い今年は、1枚追加で購入しました。
だって、使わないときには20cm×15cm×1cmなので全く邪魔にならないし、
何ならシートの背もたれに入れておけるサイズなんです。
オレンジ色でもよければ、大きめのLLLサイズもあるみたいですよ♪


ブルーシートよりもかさばらないし、
我が家、オススメの一品です!!


雨に負けず、
キャンプを楽しんでくださいね♪

〜楽しい夏休みを〜



コメント