野生の鹿さんに会えます(笑)【秋の山梨ドライブ】

あっという間に暑い夏が終わり、急に秋がやってきた感じですね。

夏休みのキャンプ報告でも「野性の鹿」の親子について書きましたが、ただのんびりしたくて、フラッと出掛けたドライブでものすごく沢山の鹿さんに遭遇しました!!一晩で20匹以上の鹿を見たと思います。
(場所は、山梨県山梨県小菅村から丹波山村を抜け、甲州市柳沢峠を通る山道。)

経験上、野性の動物に出会う確率が高いのは早朝か、雨の日の午前中。ですので、鹿さんに会える理想的な時間にこの道を通ることは難しいかも?

でもとにかく、サファリパークよりもたくさんの鹿に会い、直近で眺められるぐらい、彼らものんびりしています(笑)
角の立派な雄鹿も、背中に斑点のあるバンビちゃんも、暗闇に浮かぶ光る目の群れも、速度を緩めて眺めてしまうぐらい…というか、いつどこにいるか怖くて速度なんて出せないぐらい沢山います。
※この画像はイメージです。

聞いてください。どうして、そんな時間にドライブしてたのか。

お出かけ好きの我が家は、土日予定がなければキャンプに出かけるのですが、品川区の小学校は、月に2回土曜日も登校日があるんです。なので、そういった週末にどうしてもお出かけしたい時には…土曜日の夕飯&習い事&入浴を済ませてから出発!!

「土曜の晩は車中泊し、翌日朝から遊んで、ご当地グルメをお昼にいただき、渋滞が始まる前に帰途に着く」というような旅に出ます。

今回、私たちが目的地に設定したのは、以前の記事でもご紹介した、山梨県小菅村。のんびりした雰囲気と、美味しいお蕎麦と、温泉がオススメの静かなところです。

いつも通り、日付が変わる前に小菅村に入った私たちが、なぜ、早朝に甲州市への道を走っていたのかというと…この日が、自転車レース『THE PEAKS』の開催日だったからなんです。

下調べが足りませんでした。。。

このレース、私達の眠る「道の駅こすげ」を早朝4:30にスタートし、周辺の名だたる峠を194kmも走るトレーニングレース。私達の眠る「道の駅こすげ」の特設駐車場への入場開始が、なんと!朝の3:20〜というスケジュール。

眠りについたのもつかの間。2:30頃に複数の車から「バタンッバタンッ」と降りてきたオジサン達。
ガヤガヤしだしたと思ったら、拡声器でアナウンスを始めました。

「ザ・ピークスへご参加の皆さんは移動をお願いしまーす!!」

…すみません。参加しない人も、ここにいます。
参加しない人は、寝てる人ばかりだと思いますが?今日の小菅村は、THE PEAKSに参加する人だけなんですかね…?

モヤモヤする思いを飲み込み、下調べ不足だったことを後悔しつつ、とにかく4:30スタートに向けてチャリンコ族が集まってくる前に、スタートを切ってしまって、そこらじゅうの道が走行しづらくなる前に、どこか他の場所に移動しなければ…と、「ほったらかし温泉」目指して甲州市への道を下って行ったのです。

鹿さんのおかげで、車内も和やかに。

そして、そこで出会ったのが「鹿さん」たち。
鹿さんのおかげで、モヤモヤする気持ちも消え去り、笑顔あふれる車内になったのは言うまでもありません。

何匹かですが、車に驚きコチラに飛び込んできてしまう子がいた時には、こちらも思わず悲鳴が出ちゃいました。(教習所でも、このタイプの危険予知はなかったよね。)

ようやく山道を下りた頃、前方の暗がりからチョコチョコこちらに向かって走ってくる白い足…。

よく見ると、ランニングシャツと水色のハット姿で山トレしている、ご老人でした(笑)
山道では、鹿も、老人も、車道を走っていますのでご注意くださいね。

***関連する、こちらの記事もチェック!***

『ただ…』が実は面白い 【山梨県小菅村】
「ただ」何もない。けれど、「ただ」ほわっとした空気があり、人がいて、水があり…。なぜだかとっても癒される、小菅村をご覧になってください。
家族キャンプ@ウエストリバーin山梨県:Wファミリー
山梨県のウエストリバーキャンプ場は、水遊びには冷たすぎる水ですが、魚のつかみ取りもできて夏には最適!温泉もあるので、汗をかいても安心です。
夏〜秋は空が綺麗♪「白馬グリーンスポーツの森キャンプ場」
入場料はお安いのですが、釣りや乗馬などアトラクションを体験するには追加料金がかかります。ですが、うちの子達は、それがなくても十分既存の遊具で遊べていましたよ!キャンプ場も予約不要ですので、まずはフラッと下見へ!

コメント