トップページリニューアル

初めてのキャンプ@花はなの里オートキャンプ場

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

先週末、Campeena関係のご家族をお誘いしてキャンプに行ってきました。
向かった先は千葉県富津市の花はなの里オートキャンプ場

もともと棚田だった地形をキャンプ場にしているので、キャンプ場内で遊ぶ子ども達の姿が見渡せ、管理棟から上がってくる入場の車にも気付きやすい、安心なキャンプ場です。

キャンプ場では、みんなが仲間!?

キャンプ場に着いた途端、思い思いに遊び始める子ども達。
一番人気は、キャンプ場手作りのブランコ♪今回は、幼稚園児&小学生だけでしたので、自分たちでルールを決め、順番に並んで楽しんでいました。普段は遊んだことがなくても、あっという間に仲良くなります。

こちらが、今回の子どもメンバーです。我が家の長女が最年長で、ちびっ子達に終始モテモテ♪1泊する「仲間」だと思っているためか、平和島でデイキャンプしている時とは違った繋がりができるようで、あっという間に距離が近くなっていきました。

ポカポカ陽気の中、ハンモックに乗ったり、モルックしたり…思い思いにのんびりして過ごしています。虫や花が少ない季節なので、サイトの近くで遊んでくれるのですね。10人でモルックすると時間がかかり、あっという間に時間が過ぎて行きました(笑)

大人の遊びは焚き火 98%

15時過ぎに焚き火をつけてから、ひたすら焚き火を眺めるパパさん達。時々子ども達も参加します。お天気が良かったので、松ぼっくりや小枝も良く燃えて、薪集め&火遊びがとても楽しそうでした。火吹き棒の楽しさにハマり、Xmasプレゼントにおねだりする子が出るほどのハマりよう(笑)

日が暮れてきても焚き火は続き…寝る前まで続きました。

日暮れとともに…夕飯は18時

暗くなる前から夕飯作りを開始し、ちょうど真っ暗になる頃(18時ごろ)ご飯になりました。と言っても、きちんと座ってテーブルで食事したのは子ども達のみ。大人は焚き火の近くに座ったまま、動きません。

食後は、テントに入りトランプやウノをしたり、焚き火の周りでおしゃべりしたりして過ごしました。この日も星がとても綺麗で、月も綺麗だったのですが…子ども達が10人もいるとワーワー賑やかでのんびり眺めるどころではありませんね。

キャンプ場指定の就寝時刻が22時でしたので、子ども達には20時半には寝る支度をさせ、21時には眠りについてもらいました♪

翌朝も、やっぱり焚き火

朝起きて一番に、みんながテントから出てくるよりも早く、薪に火をつけた私。パパッと着替えてテントから出てきた時には、もう何人か焚き火を囲んで座っていました。

朝の焚き火は、子ども達がたくさん参加します。お父さん達のアドバイスを受けながら、薪をくべたり、フーフー吹いてみたり。子ども達の焚き火遊びを見守っていてくれるお父さん達がいたので、片付けをしたり、朝ごはんを作ったりと、安心して作業することができました。ありがとうございます!

***撤収後***

11時チェックアウトのキャンプ場さんなのですが、ご好意でお時間をいただき記念撮影をさせていただきました。(ちなみに、チェックアウト時に全て精算する方式のキャンプ場です。)

Campeenaのキャンプは1泊でもデイでも、母子でもファミリーでも、やっぱり巨大なファミリーのようですね。お天気にも恵まれて、私自身、たくさん笑った2日間でした。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
またぜひ、キャンプに行きましょうね♪

コメント