コロナ後キャンプは周辺情報に注意!@鴨川キャンプ

先日、キャンピングヒルズ鴨川へキャンプに行ってきました。
土曜日はれ・日曜日あめの予報だったので、高速道路は7時頃から下り線がすでに渋滞。湿度も高く、日差しもあって、まさに外遊び日和。

キャンプ場については、すでに多くの方がブログなどにまとめているので、特に注意すべき2点だけ情報シェアしておきますね。

キャンプ場受付までの坂が、細い&急勾配&90度です。

ハイエース・キャラバンのワゴンでギリギリ。ワイドやスーパーロング系は予約時に確認したほうがいいと思います。

キャンピングヒルズ鴨川の魅力の1つ、絶景の棚田に向かう道には、害獣よけの電気柵があります。

ちょうどその辺りでヘビも見かけましたので、散歩は大人も一緒が安心です。

コロナ後キャンプは、周辺情報を入念にチェックすべし!

我が家は千葉県民。とはいえ鴨川は生活圏とは違うエリアなので、キャンプに行く前に、それなりに情報収集しましたよ。けれど、行ってみたら「あれっ!?」と思うことがいっぱいでした。

①道の駅 鴨川オーシャンパーク

地元野菜も買えるし、千年磯でちょっと水遊びもできるし♪と思って9時過ぎに行ったら…コロナの影響で、営業時間が変更になっていました。千年磯は(特に何も掲示がないけれど)水がないため遊べず…。

道の駅 鴨川オーシャンパーク
道の駅「鴨川オーシャンパーク」は、千葉県鴨川市の24時間利用可能な パーキングエリアです。

道の駅から近い磯は、漁港に近いため“関係者以外立ち入り禁止”のロープが張られています。(“駐車禁止”ふだも多数)
もともと外房はサーファーも多いぐらい波のあらい場所もあるので、駐車場に車を止めてしっかり磯遊びするのでしたら、太海磯釣りセンターあたりの磯が遊びやすそうでしたよ。

鴨川をもっと楽しむ!鴨川市の観光情報サイト【カモ旅】
千葉県鴨川市 観光情報は【カモ旅】で!「観光案内」です。

砂遊びメインでしたら、カモナビ(鴨川ナビ)を参考に遊びスポットを検索してみてください。ただし、行かれる前には出来る限り電話で確認を!HPが更新されていないだけで、「実はやっていない」なんていう可能性もざらにあります(笑)

②お風呂がやってない!

キャンピングヒルズの岩風呂は浴槽が小さいので、蜜を避けるために当面使用できません。(このことは事前に知っていました。)その代わり、シャワーは大人200円/子ども100円で利用し放題です。


ところが、最寄りの日帰り入浴施設も改装中だったら話が違いますよね!(かもナビから検索すると、休館情報などのページを見ないで終わってしまうパターンがありますので、いずれも要確認です。)

・かんぽの宿鴨川:大人800円/子ども400円←現在改装工事中

鴨川館:小学生以上3800円

鴨川グランドホテル:大人1600円/子ども800円(夏休み期間価格変動あり)

魚眠庵マルキ本館:大人1000円/子ども500円

※この他にも、鴨川で温泉に入りたい場合には周辺にいろいろありますので、検索してみてください。

買い出しスーパーは、マスク必携です

当たり前のことですが、周辺スーパーや道の駅はマスク必携です。子ども達には“遊んでいる時も、いつもマスク携帯と声をかけているのに、親の私がサイトに忘れてきてしまうしまつ。

長男・次男は、この通り、ちゃんとマスクを持って遊んでいたので、どこに行っても大丈夫でした。
ちなみに、このマスク用ケースは、木登りしても安心なアウトドア仕様にしてあります。紐だけあれば、どなたでも安全なサコッシュに作り変えられますので、ご興味がありましたらこちらをポチッとご覧ください

“新しい様式”なるものの影響はいろいろありますが、配慮しながら、家族でキャンプを楽しんで行きたいですね。

 

記事の更新・イベントのお知らせなどをお送りします♪

LINEのお友達追加してくださいね。

友だち追加

コメント