お好きな味で召し上がれ♪子どもと作る、バタフライチップス

お家でもキャンプでも簡単に作れる「バタフライチップス」はいかがですか?
カリッと香ばしく揚げれば塩だけでも美味しいですし、シーズニング調味料を持参すれば、スナック菓子のような感覚でいただけます。

お腹に重くなりすぎないので、おつまみにもオヤツにも最適です♪

材料3つの簡単レシピ

揚げ物が苦手な方でなければ、特に難しい工程はありません。
ワンタンの皮、揚げ油、お好きな調味料を用意して、まずは、①ワンタンの皮を5〜8mm間隔ぐらいで蛇腹に折っていきます。

②真ん中の部分に爪楊枝を刺して作業完了!これを油で揚げていきます。

最初は「これで大丈夫?」と不安になりますが、油に投入するとパッと開いて蝶のようになるのでご安心ください。

油の温度が高すぎると“香ばしさ”を通りすぎて、苦味を感じてしまうのでご注意を。表面がポツポツと水玉模様になり、きつね色になったぐらいが理想です。

③カラッと揚がったら油をきり、塩などを振って完成♪
シーズニング調味料で味付けする時には、紙袋などに入れてシャカシャカすると便利です。

キャンプでの揚げ物はダッチがおすすめ

(我が家では自宅でも使っていますが)キャンプでの揚げ物にはダッチオーブンが便利です。アルミなどの熱伝導の良い鍋は、温度が上がりすぎたり、あっという間に冷めてしまったり…温度のコントロールが大変。。。

ダッチオーブンなら、一度温度が上がった後はある程度温度を維持できます。そうはいっても「揚げ物は怖くて…」という方は、ビア缶チキンの時にもご紹介したThermoProの温度計などをお持ちいただくと安心なのでおすすめです。

キャンプで揚げ物:使い終わった後の油は?


使い終わった油は瓶に入れて持ち帰るのがオススメです。特に、ジャムの瓶は基本的に耐熱なので、ある程度冷めたら移し変えてしまっても大丈夫。あとはキッチンペーパーなどで拭き取ってしまいましょう。

炊事場を汚すのは…特に言わなくても分かりますよね。キャンプ場も、自宅のキッチン同様にお使いください。

我が家のおすすめシーズニング調味料3選

数十種類あるS&Bのシーズニング調味料のうち、我が家で好評だったものをご紹介しますね!参考にしつつ…購入の際には、パッケージ裏面の中身をよくご確認の上ご使用ください。
(案外、香辛料強めで辛かったりしますので。)


ガツンとニンニク風味でビールなどのお酒類がよく進みます(笑)
小さなお子さんにはちょっとキツ過ぎかなーと思うので、まず大人が試食してご判断を。


チーズ+胡椒、バジル、パセリなどの香辛料で、ワインとの相性もバッチリ!
バリバリ砕いてサラダにのせても美味しいですよ。


辛くないので使いやすい1品です。チップスにしてもよし、野菜と和えてもよし。何かと便利です。

S&Bのシーズニング調味料は、アヒージョの素やアーリオオーリオなど、ニンニクを効かせた配合のものが多い印象です。唐辛子や胡椒多めのものもあるので、まずは半分だけ調味して大人が味見してみると良いと思いますよ。
(万が一の時には、子どもは塩味だけでも美味しいので平気です!!)

爪楊枝を刺してるので手も汚れにくく…お手伝い班も楽しめるのでおすすめ。クリスマスパーティーなんかにも、可愛いかもしれませんね!ぜひお試しください。

コメント