Campeenaサイトリニューアル♪

キャンプしながら旅をする〜我が家の車:NV350〜

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今日は、我が家の車のお話です(笑)
「こんな商用車っぽいのを運転するなんて嫌!」
「これで買い物とか…、無理。恥ずかしい。」
なんて猛反対していた私ですが、今となっては最も便利な遊び道具の1つが「車」。
Nissanのキャラバン NV350

今年の夏も、荷台のベットキットを組み立て、家族5人で旅してきました。
(写真は北アルプスあたりで、雲の写真を撮った時についでに撮影したもの。)
「荷台のベットキットって?」と思いますよね。
それは、こんな感じです↓↓↓  ※なるべく詳細が検索できるように、リンクを貼っておきますね。
両サイドの収納コーナーの上に板を渡し、
縦190cm×横170cmぐらいのスペースが作れるようになっています。
純正のベットキットの使い心地は正直微妙ですが、まあ、使えているのでヨシということで…。
テント用のインナーマットを何枚か足して使っています。
というのも、生地の下のウレタンマットが薄く硬い+汗染みが心配だから。
そして、次男のオネショも心配で…
模様無しのグレーの生地なので、シミができてしまったら目立ちそうですよね。
寝る時には、さらにその上に3シーズン用の寝袋を敷いてサッパリ感UP
夜寝る時以外にも、旅の途中での休憩や、お洗濯タイム中の遊び場になっています。
基本的に、このスペースに大人1人+子ども2人で就寝
2列目シートの足元をボックスで塞ぎ、マットを足して大人1人+子ども1人
計5人で車中泊旅をしています。
ベットの下には、最小限のキャンプ道具。
チェア×5、テーブル、タープ、焚き火台、食器、
シングルバーナー、調理用具、+予備の寝袋
これで、いつでもどこでも、キャンプ場で寄り道キャンプできます。
※ランタンなどは横のBOXに入れてあります。
<<ガス缶は…車内温度が心配だったので、こう運びました>>

極狭小ワンルームのような空間ですが、これが慣れると以外と平気。
キャンプしたり、車中泊したり、宿に泊まったりしながら移動しつつ、
あちこち寄り道して、美味しいものを食べ歩いてきました♪

「車=移動手段の1つ」という感覚ではなくて、
この車に乗ってからは「車=最高の遊び道具」になりました。
最高:素晴しい&最高値な、両方の意味ですけどね(笑)

 

 

 

コメント