長所も短所も解説します!スタンレーの新ボトル

7月上旬に発売されたSTANLEYの新しい真空クエンチャー 0.59L。プレゼントしてもらったので、これまで愛用していたタンブラーと比較しつつ、使い心地をルポしたいと思います♪

これまで愛用していたアイテムはこちら!

アウトドアおよび家でのPC作業の時に愛用していたタンブラー系はこちらの3点。基本サイズなどのスペックは割愛しますね。(詳細は下の写真をクリックしてください。)

THERMOS(サーモス)
保冷缶ホルダー/ midnight blue

RIVERS(リバース)
ウォールマグ パールソリッド

vsサーモス:保冷保温力はどちらも◎

サーモスの保冷缶ホルダーにも、温冷どちらの飲み物も入れることができます。蓋も同じクリアで、容量こそ違えど、保温・保冷力は申し分なし。

むしろ、なかなか冷めないので、熱い飲み物には注意が必要な程です(笑)

スタンレーの真空クエンチャーは、もちろん、缶ドリンクをそのまま入れることはできませんが、下側がスリムになっているので、車のドリンクホルダーにも対応。

スタンレーはドリンクホルダーに入ります

実はこれ、私にとって、かなりポイントが高いです。サーモスはドリンクホルダーに入らないので、キャンプの時には、現地までは食器と一緒に持っていくしかありませんでした。

それが、自宅から飲み物を持ち出せるとなれば…余分なタンブラーを持つ必要もなく、水筒も必要なく、とっても快適!

vsリバース:溢れにくさならどっちだ!?

結局、缶ドリンクを飲み時以外に愛用していたのは、自宅でもキャンプでも、こちらのリバーズのマグです。

スタンレーと同じくらいの太さなのでお分かりかと思いますが、車のドリンクホルダーにも、もちろん入れられます。

ただ、保温力・保冷力はプラスチックなのであまりなく…よく言えば猫舌むきのタンブラーです。二重構造になっているので結露することはなく、その点ではデスクワークにもおすすめす。

で、溢れにくさはどうなのよ?

肝心の溢れにくさは…リバースの圧勝でした。写真のように傾けても溢れてきません。(長時間たったら漏れてくるかもしれないので、気をつけてください。)
ゴム?シリコン?の部品が、空気穴を塞いでくれるので、ちょっと倒れたぐらいでは、デスク周りも汚れずに安心です。

対してスタンレーは、蓋のロゴ部分を回転させて口を閉じるタイプ。「カチッ」とは言いますが、密閉されるわけではないので、倒れると溢れてしまいます。

もちろん、コップを倒した時ほどではありませんが、蓋を過信しすぎないほうが良さそうですね。

スタンレー&リバースのドリッパーが定番化しそう

リバースのシリコンドリッパーがシンデレラフィットしていたので、キャンプの時&ちょと車で出かける時には、スタンレーのクエンチャー が大活躍してくれそうです。

ただ…私、大きめのBAGやリュックが好きでして…、いい加減にガサッと荷物を入れるので、中で溢れてしまうのは大問題。

少なくともトートバッグでお出かけの時には、まだまだリバースの出番もありそうです。

基本スペックなどはこちらもチェック

脱力系くまが可愛い、Riversの新タンブラー発売♪
私たち夫婦が愛用するRiversのタンブラー(持ち運べるコーヒーマグ)に、ベア柄の新シリーズが出ました。オフィスなど使いつつ、そのまま持ち出すことを想定したアイテムなので、冷たいものが結露しにい&電子レンジ対応のアイテムです。

梅雨が明けると、晴れの日はペットボトルだと飲み物があっという間に温かくなってしまいます。そんな時に!これから大活躍してくれそうなアイテムです。

ステンレー 真空クエンチャー 3200円+税

贈り物にも最適ですので、ぜひ、お試しください。

 

記事の更新・イベントのお知らせなどをお送りします♪

LINEのお友達追加してくださいね。

友だち追加

コメント