おウチ時間を楽しみましょ♪

梅雨のキャンプは衣類に注意!子どもの上着の選び方

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

晴れると25度を超え、曇ると15度近くまで冷え込んでしまう梅雨のキャンプ。首都圏でさえそんな感じなので、那須高原や軽井沢・水上・秩父方面は、(特に朝晩)冷え込むことがあります。
衣類の調節が難しい季節です。我が家の工夫をシェアしますので、参考にしていただけると嬉しいです。

通年で、いつもダウンを携帯


こちらは、なんと8月の長野です。前日の夜に雨が降ったため、気温が一段と低くなり、あわててウルトラライトダウンを着せました。

我が家では、クッションカバーの中に上着やブランケットを詰め込み、通年で持ち歩くようにしています。(車から下ろすのは、お洗濯の時ぐらい。)子どもが車内で寝てしまった時、頭をぶつけないように挟んだりもできるので、何かと便利ですよ。

子どもの衣類は、重ね着で調節


半袖〜厚手のパーカーまで、重ねて組み合わせ可能な衣類を選びます。レインウエアを着ていても、長袖の袖口やズボンの裾が濡れてしまいがちなので、常に1セット多めに保つように心がけてくださいね。

1泊2日のキャンプで子どもの着替えはどれぐらい必要?安井家の場合

特に幼児は、体温調節が苦手な上、自分から「あつい・さむい」を教えてくれません。

なので、次男には(7歳になった今でも)レッグウォーマーを使用しています。上記のクッションの中には、実は私のレッグウォーマーも入っていて、本当に寒い時、長女が腕にはめていたりもします(笑)

汗をかく季節なので、下着は多めが◎

朝晩の気温差が大きいのも梅雨の時期の特徴の一つ。夕方になると冷えてくるので、昼間たくさん遊んでかいた汗が冷え、そのままにしていると風邪をひいてします。

速乾性のある下着を着るのはもちろんですが、子どものお昼寝用に“背中タオル”なども持っておくと便利ですよ!

梅雨のキャンプの参考に。

梅雨時期衣類の参考に、6月〜7月のキャンプの様子がわかる記事を貼っておきます。ムシムシすることもあるので「雨なら寒い!」とも言い切れず…。やはり、調節できる衣類の重ね着がテッパンです。

梅雨明け目前!?本栖湖 浩庵キャンプ場に来ています
富士五湖の一つ、本栖湖の浩庵キャンプ場は湖畔からの眺めが最高です。1日目はあいにくの雨と強風でしたが、翌日からは梅雨明けかと思うほどの真夏日に!素敵な出会いもあり、早めの夏を満喫してきました。
年末キャンプ@千葉 オートキャンプユニオン
サバゲーフィールド隣接の、オートキャンプユニオンは、共用の冷蔵庫や洗濯機もある、ちょっと便利なキャンプ場です。サイトも平らで広めなので、初心者の方でも安心。雨の日は水はけが悪いとことがあるみたいなので、詳細は問い合わせを!
弾丸キャンプ:ホウリーウッズ久留里キャンプ村
6月最後の週末に、千葉県のホウリーウッズ久留里キャンプ村でキャンプしてきました。林間を抜ける風は涼しくて、木漏れ日がポカポカ暖かく感じるちょうど良いお天気♪都心からも近いので、土曜登校の後でもキャンプに行けちゃいました。

コメント