廃校キャンプ場!成田の注目施設に行ってみた

千葉県成田市にあるReady to Flight!NARITAにデイキャンプに行ってきました。

廃校になった小学校を利用して、ドミトリー形式のホテルとしては昨年から営業していたようなのですが、キャンプ場としてグラウンドが解放されたのは2020年4月。まさにオープンしたばかりの施設は、見どころ満載の穴場癒しスポット♪ 子ども達もとても気に入った、学校キャンプ場をご紹介します。

広いスペースを5サイトで使用できる


何と言ってもすごいのは、広い校庭からわずか5サイトしかとっていないところです。テントサイト以外の場所は、広〜いフリースペース。キャンプファイヤーだってできちゃいます。


こちらのお二人は、お気に入りの空気銃(?)を満喫。
この日は他に、3世代キャンプのグループが2サイト、母子キャンのグループが2サイト使っていましたが、子どもはうちの子も合わせて7人しかいない状態だったので、本当に広々遊ばせていただきました。

懐かし遊具の貸し出しもあります。


校舎の入り口には、自由に使える外遊び用のグッズがあり、一輪車や竹馬、フラフープなどが借りられます。子どもの頃は乗れたはずなのに…、大人になると竹馬にさえ乗れない私。

おかげで、思春期真っ只中の長女も大爆笑です。

受付は職員室でお願いします

校舎への入り口手前に車を停め、昇降口を入るとすぐ右手に職員室があります。そこがReady to Flight! NARITAの総合受付。スタッフさんのお仕事用机が並んでいて、本物の職員(スタッフ)室です。

職員室の半分のスペースを利用して、みんながゲームをしたり休憩をしたりできる、憩いのスペースも作られているので、設営後にふらっと遊びに行くのも楽しいと思いますよ。
駄菓子コーナーや売店などもあり、スタッフさんとついつい話し込んでしまう居心地の良さです(笑)

炊事場はまだないのですが…


外(校庭)には炊事場がなく、ホースを繋いだ(サツマイモ畑)用の水道があるばかり。水道自体はもちろん飲用可能なそうですが、お米を研ぐなどの洗い物は、校舎1階のスペースを案内されました。
いわゆるトイレの雰囲気にびっくりしましたが、このスペース、後ろ側に並んでいるのも全て水道で、真新しい水道にホッとしました。

生ゴミが出るような洗い物や、洗剤を使った大きな洗い物は2階の家庭科室をお借りします。(校舎内を歩くので、洗い物用バケツなどがあったほうがいいかもしれません。)ちなみに…家庭科室はお湯が使えます。

「CAFE&BAR校長室」の魅力


職員室隣にある校長室は、今はCAFE&BARとしてオープン。15時〜24時まで利用が可能です。冷暖房完備で、校長先生のふわふわソファーつき。滅多に入る機会のない部屋に、大人がワクワク・ドキドキします。

生ビールのサーバーもあり、校庭側の窓から注文もOKだそうですよ♪

武勇伝に花が咲く(笑)

この学校キャンプ場なら、昔話に花が咲いてしまうこと必至!同級生でも職場仲間でも、初対面のメンバーでも、自分の子どもの頃の思い出を語り合えるので、あっという間に楽しい時間が過ぎてしまうはずです。

予約しておけば体育館を使用することも可能です。(ボール持参&壁打ち禁止)
私的には、小学生の時の球技=ポートボールのイメージなのですが…今時の子には通じませんでした。

施設はこれからだけど、行く価値ありなオススメスポット


炊事場が外になくて、ゴミは全て持ち帰り…それでの行く価値ありな最大の魅力は“学校なのに自由”があること。

体育館を見学した時など、思わず「禁止事項はないんですか?」と聞いてしまうほど、規則がないんです。

ホテルのチェックインを夜11時まで受け付けていたり、成田空港までの送迎があったりしているので、キャンプ場の出入りも22時までOK。

ぜひ、仲良しグループで貸し切って、思いっきり遊んで欲しいですね。

Ready to Flight! NARITA
旧久住第二小の校舎がゲストハウスとして生まれ変わりました。成田空港利用の前泊利用からちょっとした休憩まで幅広い用途で利用できます。

最後に…5サイトでいっぱいのキャパなので、グループキャンプの中にポツンと1サイト加わってしまうと…ちょっと気を使ってしまうかもしれません。(ご家族だけで行かれる際には、予約の際にちょっと確認しておいた方がいいと思います。)

コメント