なんで“女性向け”のキャンプ講座なの?

昨日(9月6日)、千葉ニュータウン住宅展示場でキャンプ講座を開催してきました。
あいにくのお天気で、曇り→強い雨→晴れで汗だく→曇り…を繰り返す変なお天気。

住宅展示場で、女性向けのキャンプ講座を開催します!
今年はコロナの影響でファミリーキャンプに興味のある女性も増えているそうすね♪そこで、9月の週末に女性向けのキャンプ講座を開催することになりましたので、お知らせいたします。疑問や不安なことなど、お気軽にご相談ください。

なんで「女性向け」のキャンプ講座なの?

時折風も吹きましたが、親子計11名の方にご参加いただきました♪

そこでの一コマ。
「なんで女性向けのキャンプ講座なんですか?」とのご質問をいただきました。

そう思いますよね。
以下が、私が今回の講座をお引き受けした時の気持ちです。

<女性向けのファミキャン講座でOK!と決めた理由>
①男性と女性では、ギアを選ぶ時の視点が違うから。
②ファミリーキャンプの豆知識的な情報を盛り込みたかったから。
③女性にもキャンプを楽しめないと、家族みんなで長く楽しめないから。
④子ども連れでも安心して参加できる講座にしたかったから。

元から「女性向けに…」というご依頼だったのですが、きっとご依頼いただいた方はそこまで意識していらっしゃらなかったと思います。

でも、まだまだアウトドアって男性的な分野。女性も一緒に参加しても、ちょっと質問しづらいんですよね。増して子ども達も一緒に参加していたりすると、ゆっくり話も聞けなかったりして…。

お子さんは、うちの子達と遊んでました(笑)


今回の例で言えば、話に飽きちゃったお子さん達は、気付いたらうちの子達と一緒に鬼ごっこしておりました。(スウェーデンハウスの皆様、おうちの周りを走りまわってすみません。)
2回目の会の3歳のお子さんは、小1次男と一緒に風船やったり、宝探ししたりして遊んでおりました。

途中、雨がザーッと降ってくるアクシデントもありましたが、そこはCampeenaイベントで鍛えられた我が子達。タープ下に避難して、そこでお店を広げて遊んでおりました。

お母さんがキャンプ熱を高め、近隣のアウトドアショップに行きたくなってくるタイミングで、子ども達の遊びも終了〜。「またどこかのキャンプ場で会おうね!」とバイバしました。


次回は、9月19日(土) かしわ沼南住宅公園にて、開催です。アリオもアルペンもあるエリア♪ ぜひ、遊びにいらしてください。

コメント