Campeenaサイトリニューアル♪

自然がそのまんま:本栖湖 浩庵第2キャンプ場

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

私たち家族が大好きな「本栖湖 浩庵キャンプ場
過去に何度もご紹介していますが…
今回は、第2キャンプ場(浩庵テント村)に初めて行ってみました!
 *過去の記事はこちらから〜 2015.7 2015.9
  ↑もっと行っているのに、ブログにしてない時があることに今更気づく私…。

_________________________________________
9月15日 
到着した時から霧雨がパラつく第2キャンプ場(IN 8:00)
フリーの林間サイトは火山系の砂利と泥でデコボコで、
アウトドア系4WD車の試験場のようです(笑)
この日の最高気温16度。霧もあり、風もあり、寒い…。
低めの気温にもめげることなく、ランドロック&雨漏りタープで空間を確保。
今季初のダウンをニット帽で防寒しつつ、
それでも遊び続ける子ども達でしたが、さすがに濡れるのは勘弁。
↑いつの間にか裏返しのニット帽。
どんどん厚着していったので、重ね着の仕方がヘンテコになっていますね(笑)
雨であまり遊べない時には、
火遊び&食べてすごすのが我が家流。
焚き火の隅で焼きバナナを作り…
姉手作りの(薄め)パンケーキに塗って食べる。
これが案外美味〜♪

翌16日はこのお天気。
本栖湖ブルーが本当に綺麗なSUP日和でした。
SUPの無い我が家は水辺でちょこっと遊ぶ(笑)
お友達も加わって…楽しさが広がります!
第2キャンプ場は「自然そのまま」という感じのキャンプ場なので、
あちこちに倒木があったり、足首ほどの水たまりがあったり、
天然のアスレチックのようでした。
(長男のズボンは雑巾のようになりましたけどね〜。)
ぬかるみが多いので、スタックしそうになる車が続出していましたが、
穴は掘っても、なんとかみんな脱出していたようで…
我が家も、無事に帰宅してきました。
浩庵テント村(第2キャンプ場)は、雨と晴れで全く違う顔になります。
でも、自然がそのまま残っていて、静かで、灯りも全くなくて、
「空気が違う」場所でしたよ。
Campeenaイベントからキャンプを始めたご家族が、
数年でガッツリキャンパーになっていたことにビックリ!
嬉しい再会もありなキャンプでした。
ちなみに、今回お誘いしたお友達ご家族もキャンプにハマり、
ただいまMYテントを物色中♪
仲間が増えるって楽しいですね。

 

 

コメント