トップページリニューアル

GWキャンプ@新潟

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

かなり久しぶりの投稿(SNSが苦手なWです。今日は投稿するぞ!と意気込むも、PCがやたら遅かったり、スマホから上手く写真が入れられなかったりで何度もくじけております…)

GW、やっとキャンプに行けました!なんと、年末振り。あっ、年末のキャンプのblog書いてないや。書かなきゃ(笑)
行き先は新潟の魚沼★近場のキャンプ場検索した時には、時すでに遅しで、どこも空いてない(笑)休み長いし、せっかくだから遠くに、と検索範囲を広げて見つけたのが、新潟でした(笑)条件は、お風呂つきで3泊空いている所。
渋滞に巻き込まれたくなかったのと、長時間の車はしんどいので、金曜日夜出て前橋のホテルに1泊→お昼前までゆっくりして新潟入りのコース。子どもたちは滅多に泊まれないホテルに大興奮!またそのお部屋がとっても広くて、テンションあがるあがる♪♪♪みんなで、かくれんぼを楽しみました。我が家の2歳児くん、今までは、ずっと隠れていることが出来ず、すぐに「ここだよー」と出てきていたのに、ずっと隠れていられるようになりました(^^)ホテルでのんびり朝御飯まで食べて、いざ新潟へ☆
道路は混むことなく、スイスイだったけれど雨(/o\)スーパー寄って、キャンプ場へ。
【キャンピングパーク神湯】に到着

受付は温泉施設で。

気温6度の中カッパ着てテント建てました。雨もザーザーだったし、体感はもっと寒かった((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル   そんな時に限ってポールの中のゴムが切れて、手がかじかむ中結んだりと、子どもたちは車でDVD観てる間に、父母は頑張りました。でも不思議。寒かったのは嫌だったけど、雨に濡れるって嫌いではないかも。自然を感じるというか…(笑)こんな時位しか雨に濡れないし、寒くても目の前はお風呂🖤🖤(1泊につき1回入れる券をもらえます❗️)テント内整えて温泉へ。

道路を挟んで温泉とキャンプ場。少し道路より下がっているのもあり、道路沿いでも、車や歩行者の動きは全く気にならず。

料理は手抜きだし(温泉でごはん食べちゃうことも)、ゆーっくり寝られるし(せっかく地元のお酒・鶴齢買ったのに飲むことも出来ず)、私にとっては、とにかくのんびりするのがキャンプ。いつも朝3時くらいには起きてるので、7時くらいまで寝るなんて、何て贅沢。
初の3泊、本当にゆっくり出来て良かったです♪普段はキャンプ場から出掛けるのが面倒な私も(1泊の時はお風呂は入らず。2泊の時はお風呂があるキャンプ場が基本)出掛ける気になる。大学の後輩が近く※に住んでいるので、お家にお邪魔したり、おっしゃれーなアウトドア用品を取り扱う、sonne(ゾンネ)さんでお買い物したり、お出掛けも楽しみました。
※後輩のお家、近くと言いましたが、私は近くってチャリで15分以内のイメージ。育った場所に寄って近くの感覚って違いますよねー。車で50分位かかるのに、近くって言われて、ビックリ(笑)
ゆっくりしすぎて、逆に日頃の疲れがどっと出てしまったのか、子どもたちと走り回って遊ぶパワーはなく、写真撮ることも忘れ、(ほとんど娘が撮ってくれた写真)ただただのほほーんと見守って過ごしました(^^)

広々サイト♪初日は悪天候だったからか空いていました。

タオル持ってグルグル回ったり、引っ張ったり。これ真ん中さんが大変ね

 

大きな石がたくさん並べられています。寒かったのは初日だけで、ホットカーペットと石油ストーブのフジカちゃんで、十分でした。朝晩は冷えますが、充電式の湯タンポも不要な程度で、真冬キャンプより断然薄着。ウィンドフレーカーすらも脱いでました。

半袖!!

そうそう石油ストーブのフジカちゃん、芯の高さを微調整したら、かなり暖かくなりましたよ。もう少し暖かくなったら良いのに、と思ったら、芯を長くしてみるといいかもしれません。メーカー推奨は1センチです。長くしすぎたら、モクモク黒煙が~ご注意ください。
特に景色が良いとか、何かあるキャンプ場ではないですが、温泉もあるし、ただただゆっくり過ごすには良いとこです♪

長女が撮った写真。次女は魔法使い!?(笑)

次女が魔法を使えるとは知らなかった(笑)

レンタルもあります。うちはホワイトガソリンとマントル(ランタンの中につけるカバーみたいの、って言ってもランタン見たことないと分からないですよね)足りなくて、受付(温泉)に相談したら、レンタル用のを売ってくれました。薪も爆(は)ぜない(パチパチしない)、良い薪でした。パンや、野菜、果物なんかも少し売店に売ってまーす。

温泉の食堂も色々なメニューがありました。皆さん、キャンプでも、素敵なお料理作っていて、素敵~と思うけれど、キャンプでは食べる専門でいたいWでした。
今度は日本海側や佐渡にも行きたいな~

コメント