トップページリニューアル

「くるみ」に飛び入り!〜みんなで安全に楽しむために〜

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2020年最初の三連休は、家族みんなを引き連れてNPO法人くるみー来未さんのお餅つき会に行ってきました。

石臼のお餅は一味違います


小学校のお餅付きでも、使っていたのは木の臼でした。当たり前ですが、木の臼よりも冷えやすいので、きちんと温めておかないと餅米が硬くなってしまい、美味しいお餅が出ません。

お世話になった川崎市黒川青少年野外活動センターのセンター長さん(ロバさん)が、楽しく教えてくださいました。
石臼のお餅は臼が硬いため、短時間でつきあがるそうです。そして、何とも言えない”なめらかな”仕上がり♪

手負いのロバさんに代わり(数日前にナイフでザックリやってしまったそうです)活躍するのは、くるみに集うご家族達。お兄さん達が小学生に付き添い、協力して楽しみました。

「くるみ(来未)」に行ってみたかったんです


今回お世話になった「くるみ」さんは、川崎市の自閉症支援団体さん。
『自閉症に限らず、様々な特性もつ本人とそのご家族のQOLを向上させることにより、1人1人がその人らしく豊かに生きることができる社会を創る』(byくるみHPより)という理念で活動している団体さんです。

川崎市の自閉症支援団体 NPO法人くるみ-来未
私たちは、自閉症のように多様な特性のある人たちのQOL向上を通し、一人ひとりがその人らしく豊かに生きることができる社会を創ります。

障がいのあるなしに関わらず、「みんなが」「安全に」アウトドアを楽しむには(受け入れる側には)どういった準備が必要なのか、実際に感じて体験してみたく…友人に紹介してもらったのが、「くるみー来未」さんでした。

この日の約束は「みんなで作る」「困った時はSOS」「子どもから目を離さない」の3つ。もちろん我が家の子ども達も、できることをお手伝いします。この日黒川で採れた大根で「からみ餅」も作りました。

長女も自然と溶け込む雰囲気

思春期に入り、知らない人との間に一段と距離をおくようになった長女。(Campeenaのイベントに参加してくださった方はご存知ですよね。)特に、グイグイくる系の人が苦手です。
この日も最初は距離をとり、しばらく「観察モード」。こうなることを予想していた私達両親は、どうなるか興味津々で眺めていました。

お餅つきも終わり、自由時間も半分がすぎた頃…なんと!長女&長男が「すごろく」に参加!!彼らにとって安心な場所だと認めたんだと思います。
帰宅してから長女に話を聞いてみると…「思っていたのと違って、全然怖くなかった」とのこと。

くるみの理念やビジョンにもあるように、終始「ゆるやかであたたかい雰囲気」の皆さん。「はじめまして」の参加者も、みんなが1つのファミリーのような空気になる、アットホームな団体さんでした。

川崎市黒川青少年野外活動センターって、どんなとこ?


広い雑木林と竹林と、土で遊べるフィールドと、BBQも出来るかまど、調理室、囲炉裏付きの工作室、宿泊室など、アウトドアの遊びは一通りできる環境が整った「川崎市黒川青少年野外活動センター」。青少年育成施設ですので「飲酒禁止」なのが、キャンプ場と違うところでしょうか。

でも、プレイパークも開催されるほど 遊びの展開が無限に広がる森があり、起伏があり…、我が家の子ども達は一瞬でお気に入りスポットになったようです。個人利用は受け入れていない施設ですので、今度はCampeenaで予約して遊びに行ってみたいなーと思っています!


帰宅してから、ロバさんにいただいた竹でコップや一輪挿しを作ってみました。食器類は塩茹でして干さなければならないらしく、それ以外も、もう少し乾かしてからヤスリをかける必要がありそうです。
完成はいつになることやら(笑)

竹飯盒も作ってみたので、近々キャンプに繰り出してみようと思います!

くるみの皆様、黒川のロバさん・スタッフの皆様、
楽しい1日をありがとうございました。

くるみとキャンピーナ

コメント