トップページリニューアル

林間川遊びのNG水着【思い出no.3】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2016年7月
次男3歳2ヶ月/長男7歳1ヶ月/長女8歳6ヶ月
山梨県:センタービレッジキャンプ場の思い出

今回の写真は、3歳になった次男のこの写真より、「川遊びの服装」についてです。

ラッシュガードを忘れてしまい、水着+兄のT&シャツで遊んでいます。
でも、「ん〜」となるのは上半身ではなく下半身。

膝から下が実に危なっかしい!

道志川の上流に位置するキャンプ場なので、大きな岩がゴロゴロしています。
海岸ほど鋭利な岩があるわけではないけれど、それでも、幼児の柔らかい肌を思うと危なっかしくて見ていられません。

一緒に遊んでいた兄&姉の姿もこんな感じで、やはりみんな肌の露出が多めです。

手首足首までのラッシュガードを!

川沿いのキャンプ場は、午後になるとアブやブユが結構たくさん出ます。
滑って転ぶ心配だけでなく、虫さされの観点から見ても、肌が出ないラッシュガードを着せておきたいですね。
冷たい水で冷えていると気づかないのですが、水から上がり、温かくなってくると痒みが出て来ます。

アブやブユに刺されると大きく腫れ上がり、水ぶくれになってしまうこともあるほど。
服装には気をつけて楽しみたいですね。

コメント