トップページリニューアル

羽毛の寝袋を、自分で洗う方法は!?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

真冬に大活躍してくれた羽毛の寝袋も、今年は暖冬ですので、そろそろシーズンオフを迎える頃かと思います。寝袋専門のクリーニングに出せば確実にきれいになるのですが、出来れば自分でメンテナンスしたい所。
今日は、SHOPに取材する中でお聞きした、「自分で洗う」メンテナンス方法をご紹介します。

コインランドリーでも洗えます!?


コインランドリーにあるカス式の洗濯乾燥機で洗っているという、横浜にあるセレクトショップのFさん。
「メーカーのクリーニングサービスに出しても自宅で洗っても、経験上、新品を購入した時のような膨らみまでは戻らない。」とおっしゃっていました。

コインランドリーで洗う時の注意点

まずは、羽毛用の洗剤を規定量通りに使用すること!
洗剤残りは、羽毛がふっくらと膨らまない原因になってしまいます。きちんと濯ぎ切るためにも、必要以上の洗剤を入れにように注意しましょう。部分的に生地の汚れが目立つ場合には、薄めた中性洗剤でこすり落とし、よく濯いでください。
洗濯&すすぎ工程の際には必ず側で見守り、脱水前に手動でストップしてください!!絶対に脱水はしないこと!これがポイントだそうです。

乾燥機の温度は弱が安心


コインランドリーの乾燥機に入れる際には、温度設定ができるものを選び、中〜弱で乾燥させてください。低めの温度で時間をかけて乾燥させると、よりフワフワ感が戻りやすいそうです。くれぐれも70度以上にならないよう、ご注意を!高温になると、防水生地が傷んでしまったり、ナイロン素材が溶けてしまったりします。
※乾燥機の種類にもよりますが、低温50~55度、中温65~70度、高温・80~85度くらいで、温度設定できない機種の場合は80~85度くらいになるそうです。


出来るだけフワフワを復活させるためには、テニスボールやゴルフボールと一緒に乾燥させると良いそうです。布団のように天日に干すのは、絶対にNG!ぺったんこの寝袋になってしまうそうですよ(笑)

自宅でも洗濯可能だけど…

自宅でもお洗濯は可能だそうですが、その際には、ぬるめのお湯と専用の洗剤を使用するそうです。(某メーカーさん談)
部分洗いの場合でも、全体を洗った場合でも、羽毛の寝袋は脱水ができません。

家庭用の乾燥機では、ボールと一緒に入れたとしても、遠心力で羽毛(ダウン)に偏りが出てしまう可能性があるそうです。「軽くしぼったらダウンをほぐし、1方向に偏りが出ないよう、時々裏返すなど工夫しながら平干しください。」との事でした。
その時には、天日干しではなく陰干しで、セーターのように平干しにするのがポイント!浴室乾燥を使用しても構いませんが、温風の吹き出し口に近くなりすぎないように注意し、平干しで乾燥&こまめに裏返すなど、ダウンに偏りが出ないように気をつけてください。

自宅ケアにあると便利な商品


寝袋全体をお洗濯する必要はなくても、部分的に洗いたい場合はありますよね。そんな時に便利なのが、こちらのメッシュシート。必要な時に広げて使うことができ、セーターや枕を干す時にも使えますので、2〜3個持っておくと便利だと思いますよ。

何回かに一度はメーカーメンテナンスへ

自宅で数回洗いつつ、なるべく長く維持した後は、メーカーの羽毛増量サービルなどでカサの復元を目指すのが良いそうです。メーカーの方も、セレクトショップの方もおっしゃっていましたが、「羽毛は汗などの油分で汚れたりして経年劣化し、いつかはカサが減ってしまうもの」なのだそうです。

ですので、自宅ケアでなるべく長く維持した後には、(フワフワ感や暖かさに不安を感じた場合には)、メーカー推奨のクリーニングサービスに出すことをお勧めします。
NANGAさんなどのクリーニングでは、減った分の羽毛を足すサービスも行ってくれますよ。

メーカーごとに推奨しているケア方法に違いがあるので注意!!

メーカークリーニングを行なっていない羽毛の寝袋ももちろん沢山あります。もしも寝袋のお洗濯でお困りの場合には、テントクリーニング.comなど、専門のクリーニング屋さんにお願いするのが安心だと思います。お値段的にも送料込みで5000円程度ですので、専用の洗剤の購入や干す手間を考えると…依頼してしまった方がお得かもしれませんね。

NANGA WARRANTY | NANGA | ナンガ
NANGA WARRANTY - NANGAの永久保証について
クリーニングサービス - ISUKA - イスカ 寝袋・シュラフの専門メーカー -
テントクリーニング.com
テント・タープのクリーニングならテントクリーニング.comにお任せ
アウトドア製品専門の宅配クリーニング 洗匠屋 -SENTAKUYA- / ダウンシュラフ(クリーニング)
ダウンシュラフのクリーニングです。 クリーニング内容:匠洗い + 撥水性 + 帯電防止性 + 抗菌加工 + UV加工 ダウン自体も撥水加工することになりますので水に強く濡れても若干乾くのが早くなります。※完全防水ではありません。 ■寝袋  環境が苛酷になればなるほど、寝袋の持つ重要性が増していきます。冬山あるいは..

コメント