茅ヶ崎の海で全力砂遊び!

今年は、どこの海水浴場もクローズばかり。。。
でも、「海で泳いだりしなきゃ、遊びに行ってもOKだよね!?」と思い立ち、茅ヶ崎まで遊びに行ってきました。

あとで知ったことですが…海に入って泳がなくても、日光浴したり、波を浴びたりするのは海水浴になるそうです。

海水浴(かいすいよく)は、海岸で 水泳や日光浴、ビーチバレーなど遊びを行うレジャー。海水浴向けに整備された砂浜を海水浴場と呼ぶ。<出典:Wikipedia

朝は3時半起床・4時出発!

近場の幕張海浜公園とかではなく、ちょっと遠くの綺麗な海まで遊びに行きたかったので、(お盆休み中ということもあり)朝4時出発を目標にしました。

この時間の高速道路は空いている可能性が高いし、朝の海はサーファーさんや地元の方中心なので気持ちがいい♪ここ最近の異常な暑さの中で砂遊びなんでしたら、大人も子どもも溶けてしまうし〜ということで、今回は、朝食持ってお出かけです。

目指したのは茅ヶ崎の海

昔何度も行ったことがあり、湘南方面なら早朝から空いている駐車場があることを知っていたので、目的地に決定!
海水浴ではないものの、水着や真水(シャワーがないので代わりに使う為です。)などを用意したら、それなりの荷物になりました。

今年は、漁港の近くにあるサザンビーチ西側の駐車場は、朝から開けてくれています。(他は6時からとか、今年はクローズのところもあるようなのでご注意くださいね。トイレが遠くまで行かないといけなかったり…至れり尽くせりではありません。)
朝だけ朝ぼうとしている我が家には、1日2000円という駐車料金はちょっとお高め設定ですが、それでも路駐して遊ぶのはちょっと楽しくないので。。。

6時代は早朝サーファーさんが上がる時間!?

海に着いた時、すでに波間に浮かんでいたサーファーさん達は、7時前にみんな海からあがり、ひとしきり海を眺めていらっしゃいました。
一方、我が家と同じ時間にやってくるサーファーさんもチラホラ。そしてスクールの方と思われる少人数のグループも。

我が家はもっぱら砂&波打際目的なのですが、それでも比較的人が浮んでいないエリアをめざして、荷物スペースを設置。息子達は早速波と戯れて遊び始めます。

中学生も砂遊び、するんですね(笑)

でも長女は…日焼けを気にしつつ黙々と砂遊び。

幼稚園の頃から、毎日のように泥団子を作っていた子だけに、「ここの砂浜は綺麗な団子が握れる」とのことで、嬉々として団子を作成していました。

せっかくなので、子ども達の愛称も作成(笑)
砂の粒が細かいので、何を作っても良く固まってくれて楽しいです♪

今年は潮干狩りがなかったせいか、どこの砂を掘っても至る所からアサリがわんさか出てきますね。もちろん連れて帰ったりはしませんが…あのピュッと潮を吐くのを見るだけで、子ども達は終始大興奮でした。

車内の砂汚れはこれで解決してます


我が家の愛車NV350は、シート全てをプロ仕様の防水シートにしていただきました。もとからキャンプで使う設定で購入しているので、撤収ギリギリまで遊んで閉まった時の泥んこKIDSも考慮して、ちょっと奮発しておいたんです。

砂まみれの体を(車の日陰で)良く乾かして綺麗にし、足は真水で流します。それでも絶対シートに砂が落ちますが、後日掃除機をかけたり、塩っぽさは拭き取ってしまえばOKなので安心です。
隙間に入る砂はどうしても回避できませんが、潮汚れからシートを守りたい方はこちらのようなチャイルドシート用の保護マットを使われると、シミになるのを防いでくれます。防水なのでちょっと暑いんですが、泥汚れ防止にもなるので「ドロドロのまま、とりあえず自宅まで帰っちゃえ!」みたいな時に便利ですよ。

今年の夏は、キャンプをキャンセルしたので日帰り遊びばかりでした。9月はイベント続きで、すでに週末は全て(遊びではない)予定がいっぱい。
10月こそは、どこかでキャンプに行けるかしら…。
キャンプを楽しむ皆さんの投稿を眺めながら、ひたすらリサーチを続ける母なのでした。

コメント