トップページリニューアル

春キャンプ:キャンプ場選びのポイントは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

1月もあっという間に後半になってしまいしたね。
まだまだ寒い今日この頃ですが、後10日もすると、GWのキャンプ場の予約が始まります。今のうちに下調べ&家族で相談して、2月1日に予約争奪戦に参戦するキャンプ場を決めておきましょう!

ビギナーは電源必須

GWは、天候にも寄りますが、関東圏でも朝晩は冷え込むことがあります。標高が高い・日が当たらない・風が強いetc肌寒く感じる要素はたくさんありますので、念のため電源サイトを予約しましょう。

年によっては、GWに夏日がやってきたこともありますが、それでもやはり夜は15度前後まで下がりました。ホットカーペットや電気毛布があれば、3シーズン用の寝袋でも、安心して過ごすことができると思います。

乳幼児のいるご家庭は、時間距離に注意!

私の感覚的に、GWの渋滞は普段の土日の約5倍。渋滞がピークになる時間帯も長いですし、催しもの渋滞なども発生しますので、事前の下調べが重要になってきます。富士五湖近辺や道志・相模湖方面、軽井沢方面など、迂回ルートのない一本道はとにかく混雑します。

我が家は、今でこそあまり心配せずに移動できるようになりましたが、子ども達が小さかった頃はいろいろなアクシデントが発生したものです(笑)
特に、フルーツを食べると大抵お腹がゆるくなってしまう上の子達のオムツが外れるまでは、チャイルドシートで便意を催すと…背中の方に回り込んでしまって大惨事。いつも焦って駐車場所を探したものです。

トイレトレーニング中のお子さんや、オムツ替えに不安がある年齢のお子さんをお持ちの場合は、無理せずに、なるべく近場でキャンプを検討してみてください。もしも遠くまでお出かけしたい場合は、(大人は辛いですが)混雑を避けた深夜&早朝の移動をお勧めします。

頑張りすぎない

「GWなんだから、ここにも寄って、これをして…」とスケジュールを詰め込みすぎてしまうと、せっかくキャンプに行ってもとても忙しい思いをします。アウトドアでは、テント設営、料理、洗い物一つとっても、いつも以上に時間がかかるものです。
むしろキャンプ以外は何も予定を入れず、のんびりと自然を満喫しましょう。

キャンプ場のアクテビティも検索

もしも時間を持て余してしまった時用に、ビギナーの方は、キャンプ場のアクティビティやイベント予定をチェックしておきましょう。

お子さんが複数いらっしゃる場合には、上の子も下の子も一緒に楽しめる内容であることが重要!年齢的に参加できない内容であっても、小さなお子さんは納得してくれませんものね。


私なら、GWは遊具のあるキャンプ場を避けます。(もしくは、遊具から遠いエリアを予約します。)
そう。GWは遊具もとても混雑するから。せっかくキャンプに行っているのに滑り台の順番待ちをしたり、並ばせたり、もっとやりたくてグズる子どもを相手するのは…正直疲れてしまいます。キャンプ場の遊具では適度に遊び、メインの遊びは自分のサイトで展開してくれると…、親としてはとってもありがたいですよね(笑)

 

昨年は台風をはじめ自然災害の影響が多々あり、まだ今年の営業が決まっていないキャンプ場さんもあるようです。
逆に、去年オープンしたキャンプ場や、リニューアルしてファミリーも使いやすくなったキャンプ場も!?今のうちにコツコツ検索して(妄想して?)、あなたのご家族に最適なキャンプ場を予約できるといいですね♪

コメント