Campeenaと一緒にキャンプデビュー

CampeenaCAMP(キャンプ)+Beginner(ビギナー)から作った私たちの言葉。

「キャンプイイナ♪」とも読めるんです。

 

キャンプ始めたい方、始めたばかりの方を応援するべく、色んなイベントを企画している私たちCampeena応援隊ですが、最近イベントに参加してくれている方から、ちょこちょこアウトドアしている、というお話を聞くようになり、とても嬉しく思っています。

Nファミリーのキャンプデビューを応援

一緒に、千葉にある森のまきばキャンプ場に行ってきました。ここは近いし、広い芝生で子どもたちを遊ばせやすいし、チェックアウトが5時なのでよく利用しています。

Nファミリーはcampeena応援隊のイベントに何度も参加してくれていて、ずっとキャンプに行ってみたいと話していました。Nファミリーのメンバーは、うちの姉妹と同じ幼稚園年長&1月で3歳になる兄弟の4人家族。

我が家の2ルームテントを使ってもらいましたが、どんどんキャンプに行って欲しいので、テントやタープも建ててもらいましたよ!

「これなら、夫婦2人で建てられるかも!?」と思ってもらえたようで良かったです。

子ども達の姿も見えているので安心


こちらのキャンプ場は、広々としていて場内が見渡せるので、子ども達の姿を視界の端に捉えておくことができ、親としてとても安心です。

到着すると、すぐにのびのびと自由に遊び出す姿を微笑ましく感じながら、大人ものーんびりした時間を満喫。私、次女とがっつりお昼寝もしちゃいました(*^ー゚)

初めてキャンプのご飯は、とにかく簡単に!

★お昼→冷凍炒飯・ピラフ・チキンライス
★夜→ステーキ・豚汁・チーズフォンギュ・作って来てくれたモツ煮・マシュマロ焼き
★朝→残り物で具だくさんお汁・焼いてきてくれたパン・カスタードクリームを使ったデザート
★昼→焼きそば…のはずが悪天候により早めに撤収

といった、とにかく手のかからないメニューで、おもてなし(笑)
これなら、食事の準備にバタつくこともなく、まったり準備して…ずーっとのんびりしていられます。


豪華なキャンプもいいのですが、おもてなししすぎて、かえってハードルが高くなってしまっては本末転倒。

夜はとーっても星がキレイでしたので、そちらを思い出にしていただければ、いいのです。
パパと長女は、ハンモックに転がりなら、星を眺めていたようで、先に次女と寝ちゃったことを悔やみました。

初キャンプで、雨の撤収に。

日曜日は朝から雨。蛙が合唱するの中、子どもたちはなかなか普段出来ない、雨の中の外遊び。カッパ着て色んな遊びを考えていました。雨キャンプ=残念 と思いがちですが、雨の中で遊べる、って良い経験ですね。

びしょびしょのテントたちは、とりあえず畳んで、90L袋へ入れて持ち帰り。この後は、乾燥サービスに出すか、四苦八苦しながらベランダに干すか…いずれかの作業が待っています。

Nファミリーは、早速どのテントを買うのか相談中。
雨が降ってしまい心配しましたが、楽しんでいただけてよかったです♪

これからも、「キャンプしたいけれど、一歩が踏み出せなくて…」という方がいらっしゃいましたら、どんどんお声がけください。キャンプにご一緒してもOKですし、オススメのキャンプ場をご紹介したりもできます。

 

記事の更新・イベントのお知らせなどをお送りします♪

LINEのお友達追加してくださいね。

友だち追加

***関連する記事は、こちらをチェック!***

夏はデイキャンプ!!
ようやく梅雨明けか!?と思われる絶好の水遊び日和の中、夏休みのCampeenaイベント「夏はcoolにデイキャンプin平和島」が無事に終了しました。 子ども達ののびのびとした姿が見られ、ご飯も完食!!楽しい夏休みの1日になりました。
雨でもキャンプ!〜すごし方をアピールして家族を誘おう〜
3ヶ月の外出自粛が無事に終わって、6月からキャンプに行けるようになったとしても…そこに待ち受けているのは”梅雨”のシーズン。アフターコロナに備えて、私がオススメする「雨キャンプのすごし方」をご紹介します。

Campeena応援隊の活動、アウトドア情報サイトに記事が載りました。

Campeena 主催イベント Happy Halloween campに行ってきた!@平和島公園 | キャンプ・アウトドア情報メディアhinata
キャンプに行ってみたいけれど、何から始めればいいかわからない。そのような方達に向けて、先輩キャンパーさんたちがキャンプを教えてくれるイベント「Campeena」に行ってきました。知識も道具も持たずにキャンプデビューをすることが出来ますよ。今回は、「Campeena」の魅力を紹介します!

コメント