靴のジメジメ解消に!乾燥用品のオススメは?

どんなに防水の靴を履いていても、ズボンの裾などから、雨が侵入してきませんか?

私なんて、ひざ下までの長靴を履いていても、なぜだかいつも濡れてしまいます。(大抵は、うっかり濡れているところに足をついてしまうんですが…。)
そんな時、あると便利な靴の乾燥用品。今はいろんなものがあるんですよ〜♪

汗のジメジメにはこれがオススメ!乾燥剤代わりの靴パット


汗でムンムンする季節や、ちょっと濡れちゃったときに活躍してくれるのが、こちらのパット「シリカクリン 激取りMAX 靴ドライ」という商品。このパットが湿気を吸収し、乾燥に要する時間を短くしてくれます。

布団の下に敷くマットと同じようなブルーのセンサーがついていて、湿気を吸うとピンク色に変化。天日干しして、何度でも使えます。消臭効果もあるので、撤収後のムンムンな靴に入れ、サンダルで帰ってくると快適です(笑)

ビショビショ靴でも、しっかり乾燥!靴ドライヤー

電源が必要にはなってしまいますが、ビショビショでもしっかり乾燥してくれるのは、やはりこちらのタイプの靴乾燥ドライヤーです。(持ち運びに便利なUSBタイプは送風のみで、温風が出ないタイプのものしかありません。)

折りたたむと大きめのお弁当箱ぐらいの大きさになり、重さも1kg程度ですので、持ち運びにも便利。消費電力も150Wなので、一般的な電源サイトなら問題なく使用できると思います。(キャンプ場にもよると思うので、アウトドアで使う場合には確認を!)

川遊びで濡れたウォーターシューズを、日向に干しておいても、なかなか乾かなかったりしますよね。しかも案外臭くなる…。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

靴が濡れると、まったくキャンプを楽しめない!

濡れた靴を乾かすキットを持っていても、乾くまでにはそれなりの時間がかかってしまいます。だから、キャンプに行くときには、必ず履物はダブル持ち。(サンダルと靴だったり、長靴とスニーカーだったりしますが。)

ついうっかり靴を忘れ、ビニール袋越しに靴を履かせたことが、何度あるか…。
靴が乾かず、仕方なく(なかば無理やり)昼寝させたことが何度あるか…。

靴が濡れてしまうと、乾くまで、まったくキャンプを楽しめません。そんなにお高いアイテムでもないですし、これからの季節1つずつ持っておくと便利ですよ!

ちなみに…靴の匂いもかなり軽減するので、帰宅後の玄関も安心です(笑)

***関連する、こちらの記事もチェック!***

雨でもキャンプ!〜すごし方をアピールして家族を誘おう〜
3ヶ月の外出自粛が無事に終わって、6月からキャンプに行けるようになったとしても…そこに待ち受けているのは”梅雨”のシーズン。アフターコロナに備えて、私がオススメする「雨キャンプのすごし方」をご紹介します。
楽しく実用的!雨キャンプの小技
何時間も雨が降り続くと、タープに溜まった雨が流れてきて、川のようになったりしたことはありませんか?そんなときには、お子さんにこれを依頼してみてください。
【子ども作品】キャンプをデコる全天候型工作
紙で作った工作も、キャンプサイトを飾る作品に仕上げることができます。 ニスを塗るだけでない、子どもでもできる方法をご紹介します。

コメント