ステンレスダッチオーブンだからこその調理法!チキンのロースト

奇数週の金曜日に配信されているSOTO “おうちごはん”。先日は、チキンのローストを作っていたのですが、これがまさにステンレスダッチオーブンだからできる調理方法で…、思わず欲しくなっちゃいました。

黒ダッチではできない、下火だけのロースト

チキンのローストのどの辺りが我が家の黒ダッチではできないのかというと…下火だけで鍋が焦げるまで(煙がでるまで)調理するところ。

中〜強火で合計10分加熱した後、具材を裏返しさらに8分程度焼いていくのですが…肉汁などが焦げ出して、ダッチオーブンからモクモクと煙が!それでも、チュンチュンさんはそのままローストしていくんです。
こんなこと、黒ダッチさんでしたら大変!!焦げ付きが取れなくなって、苦労するはずです。

時短で美味しい!キャンプにも使えるオーブン鍋を活用しよう
自宅でも使える“足なし”のダッチオーブンを買って1年半が経ちました。ダッチを普段使いするようになって、煮物やシチュー・カレーなど、煮込み料理が激増!だってとっても簡単なんです。キャンプだけのダッチなんて勿体無いですよ。

動画では、ちゃんと鍋のお手入れ方法も教えてくれます!

ステンレスとは言っても、調理後の鍋の中はご覧の通り。真っ黒に焦げてしまっています。

でも、そのあたりはさすがSOTOさんのYouTube!しっかり焦げの落とし方まで解説してくれていますよ。
あまりに綺麗に落ちるので、思わずポチッとしたくなってしまいました(笑)

詳しくは、動画をチェック

今回使っていた食材&道具はこちら!

鳥手羽元(5本)・新ジャガ(小3個)・キウイ(半分)・ローズマリー(タイム・ローリエでもOK)・ニンニク(2片)・醤油(大さじ2ぐらい?)

今回の調理方法だと、もしかしたらIHや自動消火機能がついているガスコンロだと作れないかもしれません。

「なぜ」って?鍋が焦げるほどの高温だと、火事(火の消し忘れ)だと判断されて、自動的に消える仕組みになっているから。(うちのコンロは、いったん極弱火になりその後消えてしまいます。)
そんな時は、分離式のバーナーなどで作れますので調理してくださいね。

SOTOステンレスダッチオーブン 8インチ

本体サイズ:幅31×奥行22.6×高さ12.5cm
重量/満水容量:3.5kg/2.6L
サイズ:内径20.6×深さ9.0cm

ステンレスなので錆びにくく、使用後は洗剤でジャブジャブ洗えるダッチオーブン。「煮る・蒸す・焼く」となんでも使える、一生物のアイテムです。蓄熱性にも優れているので、余熱調理も◎

過去の配信も、要チェックの技がふんだんです!

配信される度に、新しいアウトドア料理の小技を教えてくれるので、私は毎回楽しみに見ています。クスクスも、“おうちごはん”で紹介されていなかったら、きっと買ってみることはなかったと思います。(簡単さが伝わったので、すぐに買いに行きました。)
他の回も、ぜひチェックしてみてください。

クスクスでOutdoorランチプレートに挑戦♪
私たち日本人には馴染みの薄い”クスクス”ですが、世界最小のパスタだと思えば、気軽に色々なメニューと合わせられそうですよね。白いご飯の代わりにクスクスを添えるだけで、いつものメニューがおしゃれcafeランチに変化しますよ。
今週末は豚ヒレハムの燻製に挑戦!?
SOTOさん提供の“おうちごはん”。今日は第2回の配信日でした!食材は豚ヒレ肉と塩だけのシンプルレシピ♪ 今回の道具を揃えれば、お家でも気軽に燻製料理が食べられるようになりますよ。
湯煎4分&湯切り楽々!キャンプにオススメ水漬けパスタ
SOTOさんの“おうちごはん”動画は、毎回新しい調理法を提案してくれるので必ずチェックしています。第3回は湯煎で調理する水漬けパスタをご紹介。この方法なら、キャンプでも気軽にパスタを作れます♪

コメント