<スープジャー実力検証>子ども用にオススメなHDフードポットをチェック

アウトドアグッズ
スポンサーリンク

夏の終わり頃から野球を始めた次男(小3)。暑さが残る季節には、冷たい飲み物をしっかり持たせたくて、ペットボトル用の保冷・保温ホルダー2.5Lの魔法瓶を活用していましたが、寒い季節にはしっかり体を温めるランチを持たせてあげたいのが親心。

体を中から温められるスープジャーに目をつけました。

私が選んだスープジャー(フードポット)はこちら

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
フードポット/フードコンテナー
真空断熱 保温・保冷 400ml
サイズ:W9cm xH13.5cm
真空二重構造で保温・保冷が可能なフードポット。細めなデザインが特徴。カラーによって値段が違い、¥1500〜2000程度で販売されています。

こちらのフードポットは、私の購入した400mlsサイズコンパクトな280mlサイズの2種類があります。

パントリーに今ストックされているインスタント味噌汁の湯量は160ml。我が家のお椀1杯分が約200mlですので、お弁当に味噌汁をトッピングするだけなら、小さい方のサイズで十分かもしれません。

でもね、カレーを持たせたり、具だくさんな食べるスープ系を持たせるには、やっぱり400mlは必要ですよね。こっちのサイズなら、他におかずをつけなくても立派なランチになります♪

オススメポイント&ちょこっと残念ポイント

上部の取手のおかげで手が滑りにくく、開けやすいのが一番のおすすめポイント。

細めのデザインなので、小3息子の小さな手でもしっかり握れ、開閉も可能です。中に熱いものを入れるので、(写真のように)子どもでも安全に開閉できるのかどうかが、フードジャーを選ぶ際の条件でした。


細めボディーの直径は約9cm。フードジャーにも色々なデザインがあるので、サーモスのフードジャーは、ほぼ同程度の直径のようです。

このタイプの弱点は、入り口の細さ。そう、強み=弱みになってしまうパターンです。


インスタントならいいのですが、スープや味噌汁など、具入りのものを入れようとすると、どうしても周りに溢れてしまって…。正直ちょっと大変です。

あとは、細くすれば当たり前のことですが、縦の長さが10cm以上になりますので、スプーンや箸のチョイスも重要になります。お弁当用のカトラリーセットはコンパクトな物が多いのですが、(折りたたみタイプなど)長めのスプーンでないと具が拾えないのでご注意ください。

上記のように難ありではありますが、安全に開閉できる点は何物にも変え難く…最近は我が家のお気に入りアイテムとなっています。

蓋裏のパッキンも簡単に取り外して洗えるので、気軽に洗えて衛生的で気に入っています。ステンレスカラーなら色が剥げたり傷がついても気にせず使えるので、長く愛用できそうですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました