虫の季節到来!かゆみ止め効果もプラスの手作り虫除け

気温が上がり&雨も増えて、蚊やアブなど虫の季節がやってきました。先日行ったキャンプ場さんは、8時〜15時をピークにハエが大量発生中。今後はアブもブユも増えてくると思うので、いよいよ我が家もアロマ虫除けを作りました。

これからの季節は、いつもバッグに入れて持ち歩く大切なアイテム。アロマオイルにはたくさんの効能があるので、1本で何役にも使えますよ。

我が家愛用の手作り虫除けをご紹介します

材料:お好みに合わせてチョイス可能!

我が家では、①〜⑤まで5種類のオイルを使っています。あとで説明しますが、“虫除け”として使うだけでしたら④のミントオイル(ハッカ油)と⑥〜⑧だけでも作れます。

オイルは、いろいろなメーカーさんから販売されていますが…、芳香用ではなく、直に肌に振りかけて使いたいので、天然の精油を使用してくださいね。

①ラベンダー

②ティートゥリー

③レモングラス

④ミント

⑤ユーカリ

⑥無水エタノール

⑦精製水

⑧スプレーボトル

さらに!使うたびによく振ってから使うのなら…⑥もなくても平気だそうです。(エタノールを入れるとオイルが乳化して、水と分離しにくくなるそうで、キャンプ場で作り足す時には、そうしちゃってます。)

作り方は、とっても簡単です!

ボトル(30ml)の8分目まで精製水(24ml)を入れ、無水エタノール(3ml)を足して9分目までにします。そこへ、お好みのオイルを計15〜20滴ぐらい。
我が家は、ラベンダー6滴/ティートゥリー6滴/レモングラス2滴/ユーカリ3滴/ミント3滴って感じの香りが好きです。多めに入れても効能はあまり変わらないそうなので、たくさん入れたい場合は入れてもOKみたいですよ。


ただし、肌の弱い方や乳幼児には、直付けするのはまずはラベンダーだけのスプレーから試してみてください。ラベンダーのオイルは一番刺激が少なく、それだけでもテントへのアリとか蜘蛛とかの侵入は防げます。

そして、ラベンダーオイルは火傷の治療にも使われるほど、消炎作用あるオイル。そのほかのオイルにも、ティトゥリーには強い殺菌作用があり、ミントの効果でスースーする…虫除けとしてだけでなく“かゆみ止め”としてもオススメです。

精油の効能|オレンジフラワー
手作り石鹸/手作り化粧品材料に使える精油/エッセンシャルオイルの効能や使い分けの説明とレシピの解説と説明

使い切りなら、透明ボトルでもOK

アロマオイルが日光に弱いので、出来れば遮光性のあるスプレーボトルを使っていただくといいのですが…1〜2日のキャンプで使う分だけを作って使い切ってしまうのなら、旅行用の詰替ボトルなどでもOK。

エッセンシャルオイル(精油)の販売店|オレンジフラワー
オレンジフラワーのアロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)は、10ml450円〜と安価で販売、手作り石鹸や化粧品、香水の材料につかえる100%ピュアな高品質の精油の販売店です。

私に作りかたを教えてくれた友人が、オレンジフラワーさんをオススメしていたので、リンクを貼っておきます。石鹸や日焼け止めなど、手作り化粧品の材料が揃っているオンラインショップです。

注意:アロマオイルは、人によっては体に合わず、具合が悪くなってしまう場合もあります。敏感な赤ちゃんは下痢をしたり、肌荒れを起こす場合もありますので、市販の虫除け同様、初めて使用する場合には注意が必要です。

安心して何度も使えるので、お気に入り


手作りの虫除けはディート不使用なので、1日に何回も使用できます。痒い時にも、掻きたくなったらすぐにシュッ!!子ども達が気に入って使っているので、きっとみんな効果を実感してくれているのだと思います♪

これからどんどん暑くなる季節。賢く虫と戦って、キャンプを楽しみましょう!!

コメント